クレジットカード現金化と効率について

クレジットカードの現金化の効率としては、よくよく考えるとあまり良くないことが分かります。
お金が必要になった際には、即、お金が手に入るように思えるのですが、実際には、高い金利を強いられることになるのです。

中間業者、つまりクレジットカード会社と私たちの間の現金化をしてくれる会社が、沢山の金利をとることになるため、年利や月利で考えるならば、沢山の金利をその中間業者に払うことになるのです。
「簡単に現金が手に入る」などの、甘い誘惑の言葉の裏には、必ずといっていいほど何かのシステムが働いていることを覚えておく必要があります。
このような手を使う前に、本当に現在の自分にとって、クレジットカードの現金化が効率のよい方法であるかを知る必要があります。