楽天銀行などの住宅ローン借り換え手数料メリットデメリット

住宅ローン借り換えではメリットデメリットがありますね。
低金利に飛びついてシミュレーションいてみたら、手数料が思ったよりも高額であまりお得感が感じられなかったというケースもありますね。
メリットがでやすいのは、金利差が1%以上、返済期間が残り10年以上の場合です。
返済総額の圧縮で手数料が数十万円かかっても、節約効果が高いケースが多いのです。
中には200万円以上返済総額が変わってくることもありますから、数十万円の手数料がかかっても、月々の返済額を抑える効果が期待出来ます。
デメリットとしては、△いろいろな書類を揃えて申し込みをしたのに、節約効果が少ない場合がある。
△申込時と契約時の金利に差があって期待したほどの節約効果がなかった。
といったものが考えられます。
楽天銀行の借り換え諸費用は高い?フラット35!【金利・手数料が安い!】